創造の時代はまるで「夏休みの自由課題」

 03,2014 13:27
のんびりお正月を過ごしています。


5日のワークショップの資料を今日は作りました。
ライブ感を重視していますので、余白いっぱいですけど!
用意したものよりも、ライブで出て来る言葉って素晴らしいのよね~★
皆さんのエネルギーと繋がって、素晴らしい空間ができますように
5日参加の方はお楽しみに☆




しかしながら、幸せだな~と思います。
やっぱり自由で豊かだなと。

これって自分が求めてたことだけど、やっぱりすでに自由で豊か。
もちろん、無いものもあるけど、有るものの方が煌めいて見える。


それに、ずーーっと自分が「恐れ」を持って生きることの方が、この世界では有効なんだ!と古いパラダイムで生きてたんだな~とこの平和なお正月の中にいると感じます。

恐れを持って良いことって何?
失敗しない、成長できる、物事を深く探求することができる、嫉妬されない
・・・
シータヒーリング流に言うと、こんなのが出てきそう。


人間って、「明日もしかして・・・」って不安を食べることに慣れていて、
だから保険とか貯金とか、誰かに守ってもらわないと、という帰属意識が必要だって思うのよね。

ホンマでっかTVで、過度に貯蓄に意識が向いている人は、年をとって精神的な病気になりやすいって言ってたな。
不安は膨らむわけで、何はともあれ「意識を向けるものが成長」します。



すでに自由で豊かなんだったら、何を創造するのかな~?出来るのかな~?と、
まるで夏休みの自由課題に入った気がします。


何やってもいい、って意外と難しいし、慣れていない。

そういえば私小学生の頃、夏休みの自由課題は「デザイン画」を提出していました。
ドレスの(笑
小さいころからデザイナーになりたかったので、何の躊躇もなく、好きなデザインを。
全然日頃付き合いのない同級生がそれを覚えていてくれて、同窓会のときに「覚えてるよ~」と伝えてくれました。

既成概念なかったんだよね~。
誰が何と言おうと「好きなものは好き!」というキラメキと強さかな~。
これって女性的な強さよね。


2014年、何だかこんな時代に入った気がしてます。




スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts