探すのではなく見つけるもの

 19,2014 23:34
「探すのではなく、見つけるもの」

これ、最近見た映画かドラマか本にあったセリフ・・・何だか忘れてしまったが、
最近の皆さんのシェアを聞くと、あ~これだな。。。と思います。

最近リバースプログラムを受け終わった方からのシェアで出てきたのは、

「どうしていいかわからない」
「何か探さなくちゃいけない」
「変わりたいと思ってたけど、本当は変わりたくない」


という言葉。

これは私は素晴らしい好転反応だと思っています。

今までの染みついたパターンを手放せば、どうしていいかわからないのは普通。
私も昨年の後半の3か月間は、あまりの平和な静けさに耐え切れず、毎晩「FBI異常犯罪捜査班」をみて、
バーチャルドキドキを味わっていました。

以前、断捨離をサポートしている方に聞きましたが、
お家の片づけをお金を出してコンサルを受けても、そのあとそれに慣れずにまた汚す人が多い、
これは片付けが下手ということではなく、心の問題だ、と言っていました。
なぜ片付けるのか?という目的がない人は元に戻ると言っていました。

「変わる」って簡単であり、簡単なことではないということ。


ただ癒してくれ、ただこの状況をどうにかしてくれ、と言っても、
受け入れる自分が変わらないとここは打破できません。

変化していくことは楽しいことですが、
深い部分では、変わらないほうが楽だ、と思っている部分もあります。
それは、居心地の良い部分も手放していく必要もあるから。

でもそれを越えていくことで、そこにギフトと成長がたくさんある。
新しい世界がそこにある。


新しい何かを探しに行くのなら、今自分の中にあるものを見つめる、
そして見つける。
そこに応答し続けること。

そこに自己理解と自己愛、自己価値を認めることから、
次のステップのコミュニケーションが始まるのだと思います。







スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts