夢の話:二元性を超える、苦みを超えてハートの世界へ

 10,2015 10:06
いよいよ明日の11・11・11・11のゲートに向けて、色々なメッセージが来ていますね。

4月4日の皆既月食から始まり、8・8・8のライオンズゲートに、
この11・11・11・11ゲートは女性性・男性性の融合とも言われているようです。

・・・私のこの4月4日の皆既月食から、男性と女性の感覚の違いや、内なるバランス感覚などを徹底的に見てきた気がします。
違いに驚くことなどもあったけど、
一旦吐き出さないとね。わからないし。

明日のゲート前に、夢をとてもみるようになりました。

昨日は、何か(これが何だかわからない)のバランスを保つために建てた、巨大な2本の支柱のうちの一本が倒れる夢。
真っ二つに。
でも誰もけがをせず、何も傷つけず、私も痛手がないという夢。

今朝は、去年から疎遠になっていた人が夢に出てきて、なんとなく壁はあるのだが、
同じ場所で違う仕事をしているというもの。
そのあと、実際に胸の下(ブラジャーのライン)に痛み。
心臓がおかしくなったのか?とあせり、起きましたが、
オリーブグリーン(3.5チャクラ)とグリーン(4チャクラ)の境界線の痛みのようでした。
今もまだ変な感じです。痛いような、苦しいような。

今日からB113カシエルを使おうと思っていたので、
グッドタイミングですが、苦い思いの最後のリリースですかね。。。
二本の柱の1本が折れるというのも。。。意味深そう。


11・11のゲートについて。併せて8・8・8のライオンズゲートのところも読むと納得すると思いますよ。
https://lighworkerjapan.wordpress.com/2015/11/08/the-1111-portal-arcturians/


スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts