コミュニケーションと自由意志

 15,2017 20:45
父のお見舞いに10日連続で病院通いのせいか、
昨晩から頭痛と微熱。。。しかし、身体は元気、不思議な現象です。

ハートの共鳴のこと書きましたが、昨日。
最近、セッションなどでよく言われることです、ハイヤーセルフから。
それは「コミュニケーション」について。

コミュニケーションが苦手という方多いのですが、
苦手というより、「自己完結コミュニケーション」が多いかな。

私も決して得意ではないです。
苦手意識があるからこそ、大事にしないと・・・と意識を持っていますが、

今朝、面白いことがありました。
そんなに親しいという関係ではないけど、お友達・・・先輩。
ライブのチケットを以前取っておいてあげるよ、と言われたけど、
その後何の連絡もなく、今日から一般発売になっちゃったので、
もしや・・・社交辞令だったのかな、、、と思いました。
前の私だったらそのままにしたけど、ちょっと勇気を出して連絡してみました。

返事は、自分の分と一緒に私の分も、私の友達の分まで予約したけど、あれー返事がないな(汗!!!
迷惑メールだと思って、捨てちゃったかも(笑
でした(笑

OK、私が取るね!ということになり、代わりにこっちの会場取っておいて~!と言ったら、
いいよ、いつでもOKだからね☆とのこと。

危うく、拗ねた自分に戻ってしまうとこでした。
考えると、こういうことっていっぱいあるよね~、日常に。
連絡ミスなどで勘違いとかね。
お互いに真実があるということ。


その「扉」の向こうにはなにがあるかはわからない。
でもせっかく「扉」が目の前にあるのに、
ノックするのか、しないのか。
ノックして返事がなかったら、ドアをちょっと開けてみる。

ドキドキと勇気はいるけど、
世界は広がる可能性がそこにある。。。かもしれないし、ないかもしれない。


「自己完結のコミュニケーション」は他者とのだけでなく、
内なるコミュニケーションにおいても、自己完結してはいけない。

問いかける、そして寛いで待つ。

簡単なようなことですが、困難を感じる人にとっては、これが本当に勇気がいることです。

天秤木星期の今年、秋からは蠍座木星期~6年は、人とのコミュニケーションを通して導かれ、発展していきます。
自分だけが踏ん張って、頑張って、誰かを引っ張って、一人勝ちという時代ではないのです。

蠍座の色でもあるターコイズのキーワードがまさしく、「ハートからのコミュニケーション」。
繋がりがそこにはある、そして次の新しい世界の扉を開けることができる。

でもそこには過去の傷ついた私が「やめようよ、また傷つくよ」と。コーラルです、報われなかった思い。


そのままそこにいるも良し、勇気をもって一歩進んでみるも良し。

そこが私たちに与えられた素晴らしい「自由意志」。
自分の選択を信頼する素晴らしさに生きていたいな~と思います。


fc2blog_201705141222141e0.jpg






スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts