善という名の欲

 19,2017 16:48
やっと、肉体デトックスも収まってきて。。。
先週はとってもダークだったな(笑
おかげで、今週は爽やかなスタートです。

ここ最近、薄っすら薄っすら出て来てた疑問。
「善という名の欲」の固まりを見ることとなる。
前に、光と光の戦いではないが、善と善の…どっちが正しいかという、
いつまで経っても交わらないことに気付いた時と同じようなショックがありました。

良くなりたい!というモンスター、
それは今いるところへの否定も含むし、
どこか外側へ向かうエネルギー。
自分を何か装う自分として投影することもある。

向上心はもちろん成長する一つのものだし、
欲も素晴らしいエッセンスでもあるけど、
そこには、絶妙なバランスが必要。それはセンスでもあり、人間性でもあるのかな。

良くなりたいはパワーの問題も含む。
権力、権威、君臨。そして、正しさ。

そこで見たい景色があって、見たら次があって・・・
いつまで経っても終わらないループ。
そこに疲れると、まるで脱落したような感覚に陥る。

少し、落胆を味わいながら、
自己憐憫と、疎外感と、劣等感を抱きながら、
そこが自分の居場所だと納得させる。
それでいいんだ。


先週から、そんな腹の奥底が浄化されるような感覚と、
グレーな感覚を感じながら、
「あ~、ここから手を挙げて離脱するんだな」と。

自由における孤独がそこにある、歓びもある。

与えたいという欲、
奉仕したいという欲、
イイことしたいという欲、

それを誰よりも!という。
他者との競争に限らず、自分自身と競争していることも多いと思う。
内なる自己の中の協力のエネルギーではなくて、
内なる自己の否定合戦。

我欲と競争、まさにオリーブとマゼンタ、、、
ちょうどオリーブのB7,B74を使っていたので、
その体感は明確・明晰だった気がします。

我欲を超えてこそ、そこに見えるスペースがあるんだろうね。

愛とスペースのテーマ。

・・・・・

書いている途中で、セッションが入って、またさっきとは違う感覚がやってくる。
セッションに入っていると、起こっている全体性を許すことに終始する。
目の前に現れた、純粋で美しい人がそれを見せてくれる。

全ては陰陽。
陰の中に陽があり、陽の中に陰がありますね。

逆説的であり・・・決して単純ではないところに、奥行きがあるんだろうな~。
答えがないのが答え。

結果がないのが結果。
言葉では、もう難しいなあ~(笑
そんな感じかな~、静かで深い夏至前のデトックスと気づきでした。







スポンサーサイト

Comment 0

Latest Posts