FC2ブログ

それで完璧なんだ!

 20,2008 12:08
最近もやっとすることも多かったんだけど、
色々とワケもわかり、今日はスッキリ感いっぱいです

ここ1ヶ月のテーマは「依存・共依存」。

色んな形で見せられ、体験させられました。

実は長年の縁のあった人との関係も、
「何とかしてあげなきゃ」「私が理解してあげなきゃ」という勝手な思い込みの結果、相当な人を苦しめる羽目になったことにやっと気づいたり、
そしていつもお世話になっているヒーラーさんには、
行き続けると、やはり色んな期待や、知らず知らず褒められたい(誰によ!って感じなんだけど)という思いが、コントロールされる側になってて、違和感を感じたら、その人に怒られたり(笑)
色々テストされたここ1ヶ月でした。

でもちゃんと心に聞けば、答えは返ってくるわけで、
何で外側に頼っちゃったのかなーーーと思うけど、
それも必要だったんだろうな~。

そして数日前に、一番最初に就職した会社の大好きだった先輩が亡くなった連絡を受けました。
最近よく思い出してたので、
ああ、ご挨拶に来てくれてたんだ、と納得。
そして亡くなった病名を聞いて、
思ったとおりだったことも。

アルコール依存症による肝硬変で亡くなったそうです。

うちの弟も同じ、実は大好きだったいとこのお姉ちゃんも同じ病気で亡くなっていて、父の友人や、私の周りには沢山この病気で亡くなった人がいるんですよね。
これは偶然ではない気もします。

アルコール依存症は一般的にはとても誤解された病気です。
一般内科ではなかなか理解されないので、病院でひどい扱いを受けていたのも何回もみてきました。
奇行も多いので、厄介者とされてしまいます。
ただ怠け者で、お酒に手を出してやめられない、、、ということで理解を終わらせている人が多いですが、
これは心の病気で、しかも幼少期のショックやトラウマ、両親の不仲など寂しい思いをした人に多いと思います。
そして優しい人、人に本音が言えない人、我慢する人が多いかもしれないなーーー。
精神科の家族会にも参加していたのですが、
行くと家族も本人も本当に苦しむ大変な病気です。

でも不思議なものです。
人の死というものは、悲しいことでもありますが、
また20年の歳月を経て、前の会社の上司や先輩たちとまた交流も生まれようとしています。
死によって、また人と人を繋ぐチャンスも受け取っているわけです。
この死が素晴らしい旅立ちであるということを、
言っているように感じます。

この7年で、本当に近い家族親戚友人など13人が天に戻っていきました。
死と死に際を通じて、沢山のドラマも見てきました。
良い事も悪いことも。
それで家族の絆が強くなったこと、カルマが解消されたこと、亡くなっても縁は続いていることも体験しました。
生まれることも素晴らしいことだけど、
死というのも素晴らしい気づきと学びを与えてくれるということを、
なぜかとても言いたいです。
スポンサーサイト



Comment 0

Latest Posts